最終更新日

コンテンツモデル

HTML4.01の要素は「ブロックレベル要素」と「インライン要素」に分類されていましたが、HTML5の要素は「コンテンツモデル」という概念で分類されます。HTML5の各要素は、以下に示す0個以上のカテゴリーに属します。また、ある属性の有無によって、カテゴリーが変わる要素もあります。

Metadataコンテンツ

文書のメタデータに関連する要素

Flowコンテンツ

HTML5のほとんどの要素

aabbraddressareaarticleasideaudiobbdibdoblockquotebrbuttoncanvascitecodecommanddatalistdeldetailsdfndivdlemembedfieldsetfigurefooterformh1~h6headerhgrouphriiframeimginputinskbdkeygenlabelmapmarkmathmenumeternavnoscriptobjectoloutputppreprogressqrubyssampscriptsectionselectsmallspanstrongstylesubsupsvgtabletextareatimeuulvarvideowbr、テキスト

Sectioningコンテンツ

見出しやフッターの範囲を定義する要素

Headingコンテンツ

セクションの見出しとなる要素

Phrasingコンテンツ

一般的にフローコンテンツの中身となる要素

aabbrareaaudiobbdibdobrbuttoncanvascitecodecommanddatalistdeldfnemembediiframeimginputinskbdkeygenlabelmapmarkmathmeternoscriptobjectoutputprogressqrubyssampscriptselectsmallspanstrongsubsupsvgtextareatimeuvarvideowbr、テキスト

Embeddedコンテンツ

画像、動画、音声、文書を組み込む要素

Interactiveコンテンツ

ユーザーのアクションによって何かが起きる要素

その他の分類

Sectioningルート

セクションのルート要素です。このカテゴリーに属する要素は、その内部に階層構造を持つことができます。Sectioningルート要素内の見出しとセクションは、祖先の階層構造に影響を与えないし、影響されませんので、独自の見出しのランク付けを行うことも可能です。

Transparent

HTML5のいくつかの要素は、Transparentという概念でグループ化できます。Transparentは、コンテンツモデルとして透過という意味であり、親要素のコンテンツモデルを継承します。親要素がFlowコンテンツを含むことができるコンテンツモデルであれば、同じようにFlowコンテンツを含むことができます。

Paragraphs

一般的なテーマにグルーピングする要素です。例えば「住所」「フォームの一部」「署名欄」などもParagraphsと呼べます。

フォーム関連要素

HTML5のいくつかの要素は、フォーム関連要素と呼ばれます。この要素は、フォームオーナーを持つことができ、これにアクセスできるようにするために、formコンテンツ属性とそれに対応するformIDL属性を持つことができます。

参考文献:W3C HTML5「3.2.5 Content models」外部リンク
参考文献2:W3C HTML5「4.4.11 Headings and sections」外部リンク
参考文献3:W3C HTML5「4.10.2 Categories」外部リンク
HOME