最終更新日

canvas要素

canvas要素は、図形を描く際に使用します。Webページ内にキャンバスが提供され、グラフや、ゲーム画像、ビジュアルイメージ動画といった描画がプラグインなしで可能になります。

canvas要素では、width属性とheight属性という2つの属性を使って座標空間のサイズを設定します。いずれの属性も、0以上の整数で指定します。width属性の既定値は300で、height属性の既定値は150です。

CSSピクセル内で解釈されるcanvas要素の元の範囲は、座標空間のサイズと同じ大きさですが、スタイルシートによって変更可能で、レンダリング中に画像はこのレイアウトのサイズに合うように調整されます。canvas要素が作成され、width属性とheight属性がセットされると、ビットマップと関連コンテンツはクリアされ、指定された座標空間に初期状態で用意されます。canvas要素が初期化されるとき、そのビットマップは透明な黒としてクリアされます。

canvas要素は、Embeddedコンテンツの記述箇所で使用できます。canvas要素に対応していないブラウザを使用しているユーザーのために、ビットマップキャンバスと同じ機能や目的を持つコンテンツを用意しておくとよいでしょう。

canvas要素の目的はグラフィカルな見出しや目を引く静止画の表示ではなく、ドキュメント内でより適切な要素がある場合には使うべきではないとされています。

HTML5での変更点
・canvas要素は、HTML5で追加された新しい要素です。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
Flowコンテンツ
Phrasingコンテンツ
Embeddedコンテンツ
省略不可 Embeddedコンテンツを子にできる要素 Transparent
属性 説明
width 数値 canvas要素の幅を整数で指定します。省略時の初期値は「300」です。
height 数値 canvas要素の高さを整数で指定します。省略時の初期値は「150」です。
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<body>
  <canvas id="circle" width="400" height="400"></canvas>
</body>
参考文献:W3C HTML5「4.8.11 The canvas element」外部リンク
HOME