最終更新日

ruby要素

ruby要素は、難しい読みの漢字などに対して、ふりがなを設定します。

ruby要素は、ふりがなを付ける対象の文字列を指定します。各文字のふりがなについては、子要素のrt要素を使って指定します。

また、ruby要素に対応していないブラウザのためには、子要素のrp要素をrt要素と組み合わせて使うことで、それぞれの文字のふりがながかっこ付きなどで表示されるようにします。rp要素は、rt要素の直前もしくは直後に記述し、中にかっこなど、表示する記号や文字を含めます。ruby要素に対応したブラウザでは、rp要素の内容は無視されます。

HTML5での変更点
・ruby要素は、HTML5から新しく追加された要素です。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
Flowコンテンツ
Phrasingコンテンツ
省略不可 Phrasingコンテンツを子にできる要素 Phrasingコンテンツrtrp
属性 説明
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<body>
  <h1>フィレオフィッシュ</h1>
  <p>国産の<ruby>介宗鱈<rp>(</rp><rt>すけそうだら</rt><rp>)</rp></ruby>を使用。</p>
</body>
参考文献:W3C HTML5「4.6.20 The ruby element」外部リンク
HOME