最終更新日

object要素

object要素は、画像やプラグイン、インラインフレームなどの外部リソースオブジェクトを埋め込みます。オブジェクトのタイプにより、画像か、インラインフレームなどの入れ子構造コンテンツか、もしくはプラグインにより処理される外部オブジェクトのいずれかとして扱われます。data属性は、埋め込み対象オブジェクトのアドレスをURLで指定します。type属性は、埋め込み対象オブジェクトのMIMEタイプを指定します。data属性もしくはtype属性のいずれか1つの属性の指定が必須です。

name属性を指定すると、入れ子構造のコンテンツに名前を付けて利用できます。

イメージマップを作る場合には、usemap属性でイメージマップ用の画像オブジェクトを指定します。その際には、map要素のname属性で指定したイメージマップ名に「#」を付けて指定します。

object要素は、Embeddedコンテンツの記述箇所で使用できます。

HTML5での変更点
・form属性が新たに追加されました。
・archive、classid、code、codebase、codetype、align、border、hspace、vspace、declare、standby、datasrc、datafld、dataformatasの各属性は廃止されました。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
Flowコンテンツ
Phrasingコンテンツ
Embeddedコンテンツ
(Interactiveコンテンツ)
フォーム関連要素
省略不可 Embeddedコンテンツを子にできる要素 paramTransparent
属性 説明
data URL オブジェクトのURLを指定します。
type MIMEタイプ オブジェクトのMIMEタイプを指定します。
name 文字列 ネストコンテンツの名前を指定します。
usemap #イメージマップ名 オブジェクトをイメージマップとして使う場合、map要素のname属性で指定した文字列に「#」を付けて指定します。
form ID名 object要素と関連付けたいform要素のid属性の値です。
width 数値 オブジェクトの幅をピクセルかパーセントで指定します。
height 数値 オブジェクトの高さをピクセルかパーセントで指定します。
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<body>
  <object data="sample.swf" width="300" height="200"></object>
</body>
参考文献:W3C HTML5「4.8.4 The object element」外部リンク
HOME