最終更新日

time要素

time要素は、日付または時刻を示します。コンピュータが読み取り可能な日付と時刻を表すために、規定の書式で記述します。

日付または時刻の情報は、datetime属性で指定するか、time要素のコンテンツとして指定します。datetime属性を利用すると、time要素のコンテンツに、指定外の書式で日付情報を含めることができます。

time要素は、正確に特定できない日付や時刻に対して使用することはできせん。例えば「白亜紀の中期」「紀元前約130年」という表現に対してtime要素を使うのは間違いです。

time要素は、グレゴリオ暦導入以前の日付には使用しないことが推奨されています。西洋では1582年、日本では1872年に導入されています。

なお、pubdate属性は、2016年8月5日現在、HTML5の仕様書から削除されています。

HTML5での変更点
・time要素は、HTML5で追加された新しい要素です。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
Flowコンテンツ
Phrasingコンテンツ
省略不可 Phrasingコンテンツを子にできる要素 Phrasingコンテンツ
(time要素は除く)
属性 説明
datetime 日付または時刻 日付または時刻を指定の表示形式で記述します。
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<time datetime="2012">2016年</time>
<time datetime="08-01">8月1日</time>
<time datetime="2016-08">2016年8月</time>
<time datetime="2016-08-01">2016年8月1日</time>
<time datetime="2016-08-01T08:00+09:00">2016年8月1日 AM8:00</time>
<time datetime="2016-08-01T17:00+09:00">2016年8月1日 PM5:00</time>
<time datetime="2016-08-01T20:11:05+09:00">2016年8月1日 PM8時11分5秒</time>
参考文献:W3C HTML5「4.6.10 The time element」外部リンク
HOME