最終更新日

hgroup要素

hgroup要素は、見出し項目に小見出しや副題などが含まれ、複数のh1~h6要素の固まりとなっている場合に、それらの見出し全体をグループ化し、1つの見出しとして扱うために使われます。子要素として、h1~h6要素のいずれか1つ以上を含みます。hgroup要素の見出しレベルは、hgroup要素に含まれるh1~h6要素で一番高い順位の見出しレベルと同じになります。

hgroup要素は、Flowコンテンツの記述箇所で使用できます。

HTML5での変更点
・hgroup要素は、HTML5で追加された新しい要素です。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
Flowコンテンツ
Headingコンテンツ
省略不可 Flowコンテンツを子にできる要素 h1~h6
属性 説明
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <title>マクドエイド</title>
  </head>
  <body>
    <hgroup>
      <h1>マクドエイド</h1>
      <h2>本格的ハンバーガー専門店</h2>
    </hgroup>
    <p>バーガーショップ「マクドエイド」にようこそ!</p>
    <p>当店のウリは、香ばしく焼き上げられたビーフパティです。</p>
    <p>新鮮なシャキシャキレタスとの相性もバッチリです。</p>
  </body>
</html>
参考文献:W3C HTML5「4.4.7 The hgroup element」外部リンク
HOME