最終更新日

audio要素

audio要素は、音声データをドキュメントで再生できるようにするための「メディア要素」です。要素内のコンテンツは主にaudio要素に対応していない古いブラウザ用で、古い音声プラグインがそのコンテンツを使ったり、またはユーザーのためのテキスト情報を含めたりすることができます。

audio要素のsrc属性、preload属性、autoplay属性、loop属性、controls属性、muted属性、mediagroup属性については、video要素と共通です。

audio要素は、Embeddedコンテンツの記述箇所で使用できます。

audio要素内に別のメディア要素を含むことはできません。

HTML5での変更点
・audio要素は、HTML5で追加された新しい要素です。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
Flowコンテンツ
Phrasingコンテンツ
Embeddedコンテンツ
(Interactiveコンテンツ)
省略不可 Embeddedコンテンツを子にできる要素 src属性あり:trackTransparent
src属性なし:sourcetrackTransparent
属性 説明
src URL 音声ファイルのURLを指定します。
crossorigin anonymous
use-credentials
要素の取得したデータに関わるCORS(Cross Origin Resource Sharing)リクエストを設定します。値には、anonymous(認証不要)、use-credentials(認証が必要)のいずれかを指定します。属性が指定されていない場合、CORSは利用されません。
preload none
metadata
auto
音声ファイルに関する情報を「none」「metadata」「auto」のいずれかのキーワードで指定します。
autoplay autoplay 論理属性。音声を自動再生させたい場合に指定します。
mediagroup 文字列 複数のメディア要素でメディアグループを作る際のグループ名を指定します。
loop loop 論理属性。音声を繰り返し再生させたい場合に指定します。
muted muted 論理属性。初期の音量を消音に設定します。
controls controls 論理属性。ブラウザによるコントロール機能を使う場合に指定します。
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<body>
  <audio src="sample.mp3" autoplay controls>
    <p>ご利用の環境では音声を再生できません。</p>
    <p><a href="sample.mp3">右クリックで音声ファイルを保存して下さい。</a></p>
  </audio>
</body>
参考文献:W3C HTML5「4.8.7 The audio element」外部リンク
HOME