最終更新日

HTML構文とXHTML構文

HTML5では「HTML構文」と「XHTML構文」の2つの構文が用意されてます。

HTML構文は、HTML4.01とXHTML1.0の両方に互換性があり、HTMLとXHTMLどちらの書式でも記述可能です。HTML構文により作成されたファイルは通常、HTML文書として扱われます。

XHTML構文は、XHTML1.0のみ互換性があります。XHTML構文により作成されたファイルは通常、XMLアプリケーションとして扱われます。そのため、XML宣言や名前空間の指定が必要です。

また、XHTMLの書式で記述する場合には、HTMLの書式と異なる以下の点に注意する必要があります。

・タグの省略は不可。必ず開始タグと終了タグを両方とも記述する。
・空要素の場合は「<br></br>」か「<br />」で記述する。
・要素名と属性名は小文字で記述する。
・属性値は必ず「"」または「'」で囲む。
・論理属性の場合は「属性名="属性名"」と記述する。

参考文献:W3C HTML5「8 The HTML syntax」外部リンク
参考文献2:W3C HTML5「9 The XHTML syntax」外部リンク
HOME