最終更新日

li要素

ol要素やul要素の子要素として、リスト内の各項目を指定します。li要素の終了タグは、次にli要素が続く場合、もしくはそのli要素が親要素内の最後のコンテンツである場合に省略可能です。li要素は、Flowコンテンツの記述箇所で使用できます。

親要素がol要素の場合、li要素は順序を表すvalue属性を持ちます。value属性では、行頭番号の数字を整数により指定することが可能です。

HTML5での変更点
・li要素のtype属性は廃止されています。代わりにCSSを使います。
カテゴリ タグの省略 親要素 子要素
なし 終了タグのみ省略可能 olulmenu Flowコンテンツ
属性 説明
value 整数 ol要素内でのみ利用できる属性です。行頭番号を整数で指定します。
グローバル属性 - -
イベント属性 - -
サンプルコード
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <title>マクドエイド</title>
  </head>
  <body>
    <p>マクドエイドの人気メニューBEST3です。</p>
    <ol>
      <li value="1">ベーコンレタスバーガー</li>
      <li value="2">ダブルチーズバーガー</li>
      <li value="3">えびフィレオ</li>
    </ol>
    <p>マクドエイドのサイドメニューです。</p>
    <ul>
      <li>フライドポテト</li>
      <li>チキンナゲット</li>
      <li>アップルパイ</li>
      <li>ポテトパイ</li>
      <li>オニオンサラダ</li>
    </ul>
  </body>
</html>
参考文献:W3C HTML5「4.5.7 The li element」外部リンク
HOME