最終更新日

論理属性

スイッチのON/OFFのように、有効または無効いずれかを選択する属性を「論理属性」と呼びます。

論理属性は、属性を記述した場合のみ有効であり、記述がなければ無効です。

記述方法は、「属性名」「属性名=""」「属性名="属性名"」のいずれでも指定できます。

論理属性の記述方法
checked checked="" checked="checked"
サンプルコード
<input type="checkbox" value="ハンバーガー" checked>
<input type="checkbox" value="チーズバーガー" checked="">
<input type="checkbox" value="ダブルバーガー" checked="checked">
<input type="checkbox" value="フィレオフィッシュ">
<input type="checkbox" value="てりやきバーガー">
参考文献:W3C HTML5「2.5.2 Boolean attributes」外部リンク
HOME