最終更新日

widthプロパティ

widthは、要素ボックスの幅を指定するプロパティです。対象となるボックスは、初期値では要素のコンテンツ領域を表しますが、box-sizingによって変更することも可能です。値は、長さの値またはパーセント値、キーワード「auto」で指定します。widthでは、負の値は設定できません。

■インライン要素での幅と高さの指定

インライン要素の中でも、imginputobjectなど、ページ表示時に内容が置換されるインライン要素は「置換インライン要素」と呼ばれ、幅と高さを持つため、widthとheightで幅と高さを指定することが可能です。

一方、内容が置換されないそれ以外のインライン要素は「非置換インライン要素」と呼ばれ、widthとheightで幅と高さを指定することができません。

CSS3での変更点
特にありません
初期値 適用先 継承
auto すべての要素 なし
説明
auto 値が自動的に計算されます。
長さの値 「5px」「3em」のように、数値に単位を付けて指定します。
パーセント値 「100%」のように、数値に「%」の単位を付けて、他の値に対する割合で示します。
サンプルコード
width: 300px;
width: 80%;
width: auto;
参考文献:CSS basic box model外部リンク
HOME