最終更新日

text-alignプロパティ

text-alignは、テキストの水平方向の配置を指定するプロパティです。

CSS3では、新しいキーワードとして、start、end、match-parentの3つが追加されました。

新しいキーワードに加え、表のセル内で数値を小数点で揃えるなど、配置の基準とする1文字を指定できるようになります。また、値を2個指定して、1行目と残りの行の配置をそれぞれ指定することも可能です。

CSS3での変更点
・値に、start、end、match-parentが追加されました。
初期値 適用先 継承
start ブロックレベル要素 あり
説明
start 文字を行ボックスの先頭に揃えて配置します。(初期値
end 文字を行ボックスの末尾に揃えて配置します。
left 文字を行ボックスの左端に揃えて配置します。
right 文字を行ボックスの右端に揃えて配置します。
center 文字を行ボックスの中心に配置します。
justify text-justifyの指定に従います。
match-parent inheritの指定と同様です。ただし、startやendは、親要素のdirection値に従います。
サンプルコード
text-align: start;
text-align: end;
text-align: left;
text-align: right;
text-align: center;
text-align: justify;
text-align: match-parent;
text-align: "." center;
text-align: "年" center;
参考文献:CSS Text Level 3外部リンク
HOME