最終更新日

仕様書内の値定義の読み方

CSSの仕様書内で、プロパティの値定義に使われている正規表現の読み方です。

■値の配置方法に関する正規表現の読み方

優先順位は以下のとおりです。

角括弧 > 並列 > 二重アンパサンド > 2重縦線 > 縦線

[ ] 角括弧。グループ化を示す。
A B 並列。Aの次にB。並列したワードは、すべてその並列順で出現しなければならないことを意味します。
A && B 二重アンパサンド。AおよびBのすべてが出現しなければならない。順序に決まりは無く、好きな順序で出現してよい。
A || B 2重縦線。AまたはBのうち、1つ以上が出現しなければならない。順序に決まりは無く、好きな順序で出現してよい。
A | B 縦線。AまたはBのうち、1つだけ出現しなければならない。
■量指定子の読み方

すべての型、キーワード、角括弧グループの後ろには、以下の量指定子が1つ付く場合があります。

* アスタリスクは、直前の「データ型、ワード、グループ」の0回以上の出現を示す。
+ 正符号は、直前の「データ型、ワード、グループ」の1回以上の出現を示す。
? 疑問符は、直前の「データ型、ワード、グループ」の、0回もしくは1回の出現を示す。
{A,B} 波括弧内の数字の組は、直前の「データ型、ワード、グループ」の、A回以上B回以下の繰り返しを示す。
参考文献:CSS3 module: Syntax「10.1. Value」外部リンク
参考文献2:CSS 2.1「1.4.2.1 Value」外部リンク
参考文献3:CSS 2.1「1.4.2.1 Value」の日本語訳外部リンク
HOME