最終更新日

overflow-xプロパティ

overflow-xは、表示領域から溢れた要素の、水平方向の表示方法を指定するプロパティです。

垂直方向の表示方法を指定する場合は、overflow-yを使用します。

水平方向と垂直方向の表示方法をまとめて指定する場合は、overflowを使用します。

CSS3での変更点
・overflow-xは、CSS3から新しく追加されたプロパティです。
初期値 適用先 継承
visible ブロックレベル要素
内容が置換されない「display:inline-block」の要素
なし
説明
visible ボックスからはみ出して表示されます。(初期値
hidden 溢れた部分を表示しません。
scroll 溢れた部分は、スクロールして見られるようになります。
auto ブラウザの設定に依存します。通常はスクロールバーが表示されます。
サンプルコード
overflow-x: visible;
overflow-x: hidden;
overflow-x: scroll;
overflow-x: auto;
参考文献:CSS basic box model外部リンク
HOME