最終更新日

font-synthesisプロパティ

font-synthesisは、太字や斜体を持たないフォントファミリを、無理やり太字や斜体で表示するかどうかを指定するプロパティです。

値には、「none」「weight」「style」があります。「weight」と「style」は、半角スペースで区切って一緒に指定できます。初期値は「weight style」ですが、それは「無理やり太字や斜体で表示する」ことを意味します。

「none」を指定した場合、太字や斜体の指定を無視して、通常のフォントフェイスで表示されます。

「weight」を指定した場合、無理やり太字で表示されます。

「style」を指定した場合、無理やり斜体で表示されます。

CSS3での変更点
・font-synthesisは、CSS3から新しく追加されたプロパティです。
初期値 適用先 継承
weight style すべての要素 あり
説明
none 太字や斜体の指定を無視して、通常のフォントフェイスで表示されます。
weight 無理やり太字で表示されます。
style 無理やり斜体で表示されます。
サンプルコード
font-synthesis: none;
font-synthesis: weight;
font-synthesis: style;
font-synthesis: weight style;
参考文献:CSS Fonts Module Level 3外部リンク
HOME