最終更新日

font-kerningプロパティ

font-kerningは、欧文フォントにカーニングを適用するためのプロパティです。

値には、「auto」「normal」「none」のいずれかを指定します。初期値は「auto」です。

font-kerningは、カーニングデータが含まれていないフォントには効果はありません。

letter-spacingが全ての文字を均等に調整するのに対し、カーニングは特定の文字の組み合わせのみ調整します。letter-spacingが指定されている場合、レタースペースの調整は、カーニングが適用された後の文字間隔に対して行われます。

■カーニングについて

カーニングとは、個々の字間スペースを水平方向に調整することです。カーニングによる調整は、大きいフォントサイズでは特に重要です。カーニングする目的は、すべての字間スペースを等幅に見えるようにして、目線がテキストに沿って自然に流れるようにすることです。

カーニングには、「メトリクスカーニング」と「オプティカルカーニング」の2種類があります。font-kerningで使用するのは「メトリクスカーニング」の方です。

メトリクスカーニングとは、ペアカーニング情報を持っているフォントに対して使用するものです。ペアカーニング情報とは、特定の文字の組み合わせのアキに関する情報のことです。以下の組み合わせがあります。

To We ye yo Ye Yo wo ve Wo Vo va wa Va Wa WA Ta VA

カーニングなしとありの違い

CSS3での変更点
・font-kerningは、CSS3から新しく追加されたプロパティです。
初期値 適用先 継承
auto すべての要素 あり
説明
auto ブラウザの設定に従います。(初期値
normal 通常のカーニングを適用します。
none カーニングを適用しません。
サンプルコード
font-kerning: auto;
font-kerning: normal;
font-kerning: none;
参考文献:CSS Fonts Module Level 3外部リンク
HOME