最終更新日

floatプロパティ

floatは、要素のボックスを左または右のブロックへ配置するためのプロパティです。後ろに続く要素は、その反対側に回り込みます。

ボックスを形成するすべての要素に適用できますが、positionの値が「absolute」や「fixed」の場合など、絶対的な配置が設定されている場合には、floatの指定は無視されます。

画像以外の要素にfloatを指定する場合、widthも一緒に指定して、ボックスの幅を決める必要があります。

floatを解除する場合は、clearを使用します。

CSS3での変更点
・「CSS Generated Content for Paged Media Module」で既定されている値を使用できます。
初期値 適用先 継承
none すべての要素 なし
説明
left 要素を左側に寄せます。後に続く要素は、その右側に回り込みます。
right 要素を右側に寄せます。後に続く要素は、その左側に回り込みます。
none 要素の回り込みを指定しません。(初期値
※「CSS Generated Content for Paged Media Module」で既定されている値を使用できます。
サンプルコード
float: left;
float: right;
float: none;
参考文献:CSS basic box model外部リンク
HOME